親指の痺れ?違和感?とにかく感覚がおかしい!!?

2021.04.09

こんにちは!整体院たまごの安達です!

今回は右手親指の感覚がある日突然変わってしまったGさんのお話をご紹介します。

Gさんは20代の若いイケメンさん。
2月のある日、右手親指の感覚がおかしいことに気付きました。

職場の先輩から整体院たまごのことを聞いて、来院されました。身体中をペタペタと触り原因箇所を探っていくと、脇にある広背筋と呼ばれる筋肉を摘んでいる間だけ親指の感覚が正常に戻ることが分かりました。原因は広背筋だったんですね。でも、じゃあどうして広背筋にトラブルが起きているの?って思いますよね?僕もそう思いました。なのでさらに深掘りしていくと…肝臓と腎臓(右)が出てきました。どうやらメインは腎臓(右)のようです。じゃあどうして腎臓(右)にトラブル??ということでさらに探っていくと……。



副交感神経でした〜!!!
タラタタッタタ-ン♪

え、じゃあ副交感神経にトラブルが起きている原因はなんなんだって??
すみません。実はここから先はちょっと説明がややこしくなるので割愛させてください(^◇^;)。
ざっくり言うと、重金属とか化学物質とか、ウィルスや細菌、活性酸素などなど…そういうものが体内に蓄積ないし感染していないかを調べます。
一つ一つをじっくり説明するのは大変なのでここではどうか勘弁してください(^_^;)。

というわけで、なんやかんやありまして…Gさんの親指の変な感覚の原因となっていた副交感神経を特殊な方法で調整すると……なんということでしょう…あの親指の奇妙な感覚が綺麗さっぱり無くなっているではありませんか。
不思議すぎて二人で笑ってしまいました。
ガッハッハッ(´∀`)

2週間後に電話したら、あれからずっと正常な感覚のままとのこと。

というわけで、Gさんは晴れて卒業していかれました。ご卒業おめでとうございます。

今回は自律神経が原因でしたね。自律神経はありとあらゆる不調に関わってきます。
腰痛、頭痛、肩こり、めまい、各関節痛……あなたの不調の原因も自律神経かもしれません。

整体院たまご

奈良市大安寺西三丁目8-14

 

PAGE
TOP