お寿司を食べたら腰が痛い?!

2021.03.19

こんにちは、整体院たまごの安達です。

定期的に来てくださっているお客さんが、今月もメンテナンスに来てくださいました。そしたら今日は左の腰が痛いとのこと。

触ってみると骨盤の各所が右に左にと、はちゃめちゃに歪んでおりました。直接的な原因はこれかなぁ…コレのせいで右の大腰筋(だいようきん)と両方の腰方形筋(ようほうけいきん)が固まってしまって、腰を捻ると痛みが出るようになっちゃってたのかなぁ…と。じゃあ骨盤がこんなに歪みまくった原因は?というと、左の腎臓と、胃と、膀胱の三つでした。

「テスト結果で胃…って出たんですけど、最近食欲とかに変化ありましたか?」と尋ねると、
「え…実はこれも話そうかどうか迷っていたんですけど、3日前に回転寿司から帰ってきて2〜3時間くらい経ってからお腹が激しく痛くなって、そしたらもう下痢が止まらない止まらない。出し切ったってくらい出た。」
というお答えが返ってきました。
ますます胃が怪しいですよね。
というわけで、僕が左の腎臓と胃に手を当てた状態で腰を捻る動きをしてもらうと…あら不思議。痛みは消えました。
ということで根本的な原因は内臓でしたね。

で、腎臓と胃と膀胱はどうして元気なくなっていたんでしょ〜ということでさらに深く調べてみると、下行結腸で反応しました。
そこでさっきのお寿司のお話を思い出して、さらに質問してみることにしました。
「ちなみに、どの寿司ネタが腹痛や下痢を引き起こしたのか、心当たりありますか?」
もちろんその寿司ネタをここで公表するのは控えますが、その寿司ネタを食べた瞬間なんとも言えない“悪い予感”がしたそうです。
その寿司ネタに関係する食中毒をGoogleで調べてみると、菌ではなく寄生虫が関連しているとのこと。

なんやかんやありまして、下行結腸と胃を調整すると右に捻った時の痛みは完全に消え去り、左はほんの少しピリッとするくらいにまで改善されました。次は深呼吸を5回して頂きます。すると左に捻った時の痛みがさらに改善されていました。これで、腰の痛みの解消は時間の問題であることが確認できました。僕が与えた変化が体全身に馴染むのにもう少しだけ時間が必要みたいです。

15分後

はい、すっかりスッキリ解消されました。

お寿司を食べて腰が痛くなるなんて、こんなことあるんですね。皆さんもお気をつけくださいね。

PAGE
TOP